郵船不動産株式会社

CSR

コンプライアンス体制

当社は、コンプライアンスの徹底を経営の基本原則として位置付け、日常の業務活動においてコンプライアンスを最優先課題としています。

「企業行動憲章」や「行動基準」にてその方針を掲げるとともに、企業の社会的責任を果たしつつ更なる発展を目指すことを目的とした「コンプライアンス規程」を定め、コンプライアンスに関する基本方針、社内体制や運用の明確化を図っています。

また、当社独自の教育プログラムとともに、日本郵船のグループ会社向けe-learning等の研修を定期的に実施し、役員・社員に対する関係法令をはじめとしたコンプライアンス教育やコンプライアンス施策の充実・強化を図っています。
こうした体制や取り組みによって、コンプライアンスの徹底をはかり、公正で透明性の高い事業活動を推進しております。

ページの先頭へ